成功したら他人のおかげ!失敗は自分のせい!「おかげさま」の意味

先日、中学生の娘の授業参とPTA総会があり、校長先生が「ありがとう」と「おかげさま」のことを話していました。

おかげさまで。
成功は、自分のおかげではなく、周りが助けてくれたから。

そんなことを思いながら、校長先生の話を聞いていました。

おかげさまでの意味

「おかげさまで」の意味をあまりしらず、、、調べてみると、

「相手の助力があったことを感謝する表現。「お陰」をさらに丁寧にした表現で、多く「お陰さまで」の形で用いる。また、漠然と、身辺の状況が良いことについて感謝を表明する際にも言う。」
(weblio辞書)

周りのおかげで、今の自分がいることをしっかり理解すること。

BECに入れたのも、千種さんからオファーがあったから。
三浦さんに出会えたことも、中俣さんがいたから。

すべて人で繋がっています。
つい成功すると忘れがちになってしまいます、、、
ちっちゃいな〜私。

私でも、誰でも人に助けてもらいながら生きているということ。
一人でも生きていけるという人をたま〜に見かけますが、常に孤独ではないかと思ってしまいます。
人は、そんな強くないと思うからです。

過去の私は、一人暮らしをした経験から、親にも相談せずに決めたことがありました。

これって、すごくもったいないことだったと、今思うんです。
一人より、多くの意見を聞き、自分にあった方法や行動を身につけていくことが、近道だったのではないと。

所詮、一人の考えは一人の考えでしかなく、周りの意見を聞き、素直に実践すること。
今更ながら、思ってしまいました。

素直になれない人は、きっとプライドが高い人だということも最近わかってきました、、、

「ありがとう」感謝する気持ち

周りに対して、常に感謝しているか?と問われると、私はNO。

今、BECにいることも、
こうやってブログを更新する時間があるのは
家族の協力があるからです。

毎日の生活がバタバタしすぎて、つい感謝することを忘れてしまいがちです。

主人に一言でもいいので、「ありがとう」ということ。
なんでもいいと思うんです。

頼みごとをやってくれたときや、
子供を見ていてくれたとき。

夫婦は、長くいると空気みたいな存在だと言われていますが、それでも「感謝」だけは忘れてはいけないです。

今の私があるのは、
「BECの三浦さんのおかげ」
「支えてくれてる主人や子供のおかげ」

感謝ができないのは、ビジネスでの成功もない。
けど、むやみに「ありがとう」と言っていると、おかしな人だと思われてしまうので、要注意です笑

「ありがとう」という言葉は、魔法です!
「ありがとう」という言葉で、救われる人もいて、気持ちもハッピーになりますよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする