三浦孝偉の情報発信の元は最新なものに触れること【part5】

6月も10日がすぎ、月末に向けて、忙しくなっているのですが、
今日のお題はこれ!

俺は投資はダメだな。。。

三浦孝偉さんの情報発信野本は最新なものに触れることパート4!
シリーズ化できて嬉しいです!

投資ってなに?

投資をする

投資といえば、「株」。
最近でいえば、仮想通貨ですかね〜。

仮想通貨は、、、、よくわかりません〜。

投資をすることを前提として話しますが、株を買うにしても、
会社の成長がないと投資はできないですよね。

成長するかどうかを見極めるには利益を見るとわかるといいます。

「会社四季報」の独自の考えて、ランキングをつけた今回の記事。

【会社四季報】
東洋経済新報社の発行していいて、業界担当記者が独自取材・独自分析で業績変化を先取りしている出版本。
四半期ごとに出版している。
上場会社をフルカバー。

よくよく調べてみると、就職活動にも役立ててくださいと書いてありますね。

そうりゃそうだww
自分が入りたい会社の未来があることは、当たり前の思考です。

1位 マイネット
2位 アイビー化粧品
3位 メディアドゥ

1位のマイネット。
聞いたことがなかったです。
事業内容は、スマホゲームの運営で、買収によって大きく業績を伸ばした会社。

2位の「アイビー化粧品」。
美容関係は、女の方なら人生でずっと使う物。
成長は著しいということですね。

26位のオークファン!!
物販やっているなら、誰でも知っているオークファン。

っていうか、どれもわからん〜って感じでした。

知っているのは、自分が実践しているビジネスに関係している会社ぐらいで、
自分の視野の狭さを感じました。

今の時代に乗っていることが大前提ではありますが、
トレンドも意識しないといけないですね。

特に若者の流行りは、とらえてないといけないと感じています。

成長する会社から見えること

ランキングからみると、カタカナ多いな〜という印象。

不動産、飲食業、どれも私たちの生活に密着していること。

また、一つのビジネスだけでなく、アイデアがある会社が利益を伸ばしているということも挙げられますよね。

56位の「串カツ田中」は、期間限定で100円を打ち出している会社。

今でもこそ、回転寿司は100円が当たり前になりつつありますが、串カツ100円と聞くと、
飛びつきます。

こういったズラしが、アイデアを生み会社を成長させるんですね。

アイデアは、既存✖️既存の組み合わせと三浦孝偉さんに教わりました。

発明でなくていい。発見でよい。

いろんな成功を知っていることで、組み合わせることができ、アイデアも浮かびます。

主婦は、こういった成功体験が少ないのかもしれないですね。

「アハ体験」できるように、前に進むべし!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする