【BEC Online School】時間を決めると熱いロボットになれ!

時間って自分でなかなか決められないですよね〜。

私もそうです。

時間にルーズなので、いつも待ち合わせには遅刻気味です。

待ち合わせならいいですが、これが仕事だったら「遅刻」なんてもってのほか!
時間にルーズな私は、毎日時間を決める必要がありますね、、、、

時間を決める

小学生や学生の時間割のように時間を決める。
一時間やるタスクを決め、時間がきたら、終了。

今の私の毎日の生活がそんな感じですが、決めたらつい横から違うタスクが気になってしまうことがあります。

音声を聞いて、一時間ならその時間集中するということなんですね。

時間を区切って、進めることでリフレッシュされ、次のタスクにスーと入っていくことができる。

それが100%でもなくても、30%でも仕上げてしまう。

時間で決めているので、お尻が決まっており、
自分のお尻を自然と叩くことができるし、

よく、目標を決めるときに、

「お尻を決める」

とありますが、それと同じ!

一点集中だといわれていても、ビジネスだけでなく
家事や毎日の生活にも応用できると思いました。

大きな時間割で言うなら、
朝、子供たちが出ていったら、10時までに家事を終わらせる。

そして、3時まではビジネス時間とか。

朝2時から(朝とは言わないか、、)はトレンドブログをやり、6時からは家事をやる。

ビジネスだけに応用するのではなく、毎日の生活も時間で区切るとメリハリができるのかな~と思いました。

熱いロボットになれ!

「時間を決める」は「熱いロボットになれ!」と似たような感じですが、

・時間と量の違い

だけ。

ビジネスをしていると、よく数字を気にしなさいと言われたことがありました。

物販で言うなら、仕入れ量がどのくらいの回転で回っているのか?

ビジネスとは、データを検証して改善して前に進めること。

データは数字。

数字からは、切り離すことができないとも思いました。

目標でも、いつまでにどのくらい達成したいのか?
自分の生活には、どのくらいのお金が必要なのか?

数字にこだわり、数字で終わる(結果が数字で出るため)

ボヤっとしていたころは、稼げなかったし、
目標の数字を出すと、毎日の行動も違ってきました。

ロボットのように行動した先には、きっと見えるものがありますし、
量のステージのあとには、質のステージが見えました。

量をこなすことで、そのビジネスの特徴を捉えることができましたし、
質を高めることもできました。

やらないとわからないことは、自分で経験して人にも伝えることができるし、
どんなところでつまずくともわかりません。

量のステージは誰にでも訪れるし、まだ量のステージをやっていないなら、
それはビジネスに対して、真剣に向き合っていないのではないでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする