【BEC Online School】BEC Online Schoolの歩き方

「BEC Online School」

井上直哉さんのブログが紹介されていましたが、
三浦さんがおっしゃっていた「マネタイズの匂いしかない」

この意味は、アウトプットと感想文の違いでした。

感想文とアウトプット

井上直哉さんのアウトプットと感想文の違いは、

「コンテンツに触れて、自分のビジネスに落とし込めているか」

対して、三浦さんの考えは、

「人に見られている意識」

井上直哉さんの自分のビジネスに落とし込めていることを考えれるには、上級レベルで、
まずは、見られている意識が大事だということ。

月報でも、
チャットワークに書き込むことより、
きちんと書式化することで、自分の考えを整理できるということ。

特にチャットワークは、会話みたいになってしまうので、
ズラズラと自分の思いだけを書いてしまったり、、、

自分の思いを整理するには、言葉にすることが一番なんです。

頭だけで思っているだけでは、解決せずモヤモヤするだけ。

以前、ペラ1事件がありました。

私は私が思っていることを頭に思っているだけ。
だけど、三浦さんの答えは、

「紙に落とせ!」

でした。

紙に自分の思いを書くことで、整理していき、モヤモヤしていたことが相談せずとも解決することもあります。

自分が今、壁にぶちあっっていることは?
わかっているようで、意外に自分自身は頭よくないということです〜。

紙に落とすくらいの思いを熱く伝えていきたいと同時に、

自分の問題は、自分の中にあり、
自分で解決できることも多々あるということ。

きっと、誰だって想いはあるし、ないわけがないでしょ!
ってことです。

人それぞれのストーリーがあるように、
想いをストーリーのように、乗せれるように進んでいきたいと思います。

吉井友紀の公式メルマガこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする