BECで学ぶトライアンドエラー!悩みなき人はいない

今日は暴露しようと思います!

と言っても、離婚するとかではありませんけど。

BEcは、期間が決まっていて、今日から残りは2ヶ月もありません。

BECは6ヶ月

BECは1期から始まってますが、2期も3期も6ヶ月の半年です。

1期のときにも思いましたが、半年って本当に早い!

それがわかっているから、3期はBECに、三浦さんに、
しっかりしがみついていこうと、いろんなことに挑戦し、
方向が間違っていたら、三浦さんからの指導が入ります。

やはり指導者からの言葉は、重い。重くてたまに押しつぶされそうになります。

半年間の間に、たくさんのトライアンドエラーをやるか?
成功ばかりが勉強ではなく、
失敗も経験になります。

失敗したら、それを実行しなくていいわけで。

BEC4月音声ディレクション

BEC4月音声ディレクションは、千種さんからいただきました。
音声ディレクションの中で、経験から悩み、考えすぎてしまっていたことを指摘されました。

実際には、記事が書けない日もありました。

悩んでも解決すればいいですが、答えがでないときには、どうしようもないんです。
疲れるだけ。

だったら、記事を書くべきだったのです。
悩むより、考えて実行することが大事だったんです。

考えるということは、今の状態から良くなろうと思っているから考えます。
悩みは、自分の中で不安要素からくるものがほんとんで、どれだけ悩んでも答えが出ないことが多いと感じることがあります。

考えて、実行にうつし、失敗しても、また同じ失敗をしなくていいだけ。
なくなることはないし、経験が増えるだけです。

悩みがない人はいない

といっても、悩みがない人はいません。
私はたくさん悩みがありますよ〜。

悩みを一人で抱え込むより、誰かに愚痴ってしまうこと。
悩みって、悩んでいるときには意外に大きなことでも、誰かに相談すると、
小さなことだったりしませんか?

話しただけで、気持ちの整理が付いたり。

悩みって、なんで出てくるんでしょうね(笑)

私の悩みは、人と比べてしまうことですね。
周りの人の様子を伺いながら、自分もその流れに沿ってしまうこと。

人に好かれようとして優等生になってしまっているんだと思います。

今まで、長女として生まれ、弟がいて面倒をみたり、
学生のころは、何かと頼りにされたりして、弱みを見せることができませんでした。

弱みをみせると、負けてしまうそうになるから。

誰に負けるんだって話になりますが、優等生気質だったんだと思います。

親から当たり前に褒められいた自分。
褒められることで、自分の居場所を確認していたんだと思います。

親から愛情をいっぱい受けていたはずなのに、もっと欲しかったという欲張りな私です。

今でも、それに変わりはなく、素直に褒められたい気持ちをぶつけていこうと思います!

悩みは尽きませんが、それも人生ってよく言いますが、本当にそうだ(笑)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする