【BEC Online School】を学んでいる仲間たち

今日は、コンテンツがない、、、
楽しみにしていたのですが、音声を聞いて納得。

仲間がいるということは、仲良しクラブではなく、ライバルがいるという意識。

完全に刺激になるコンテンツの音声!

ライバルがいると燃える

音声を聞いて、まず思ったのが、一人ではないということ。

オンラインという仕組みなので、ネット上にあるコンテンツを自分で開き、誰かに背中を押してもらえるわけではないのが
【BEC Online School】

これって、完全に個人コンサル。
アウトプットしたもの勝ち!

アウトプットした人だけが、三浦孝偉さんからアウトプットについての返答があったのです。

音声を聞いていて思ったのが、個人コンサルも悔しかったですが、ライバルがいるという意識ができました。

一人でやっている意識はありませんが、同じ土俵にいて、ステージを知り、

「そんなすごい人がいるのか、、、これは、置いていかれる!」

と焦っていたわけです。

今まで、BECに入り、BECに入っていない方たちよりは、少し先にいっている感覚がありました。

それって、優越感であり、自分だけの感情。

その優越感が、今回の音声によって、見事に砕け散っていきました。

BECにいることがすごいのではなく、
BECで学び、成長し、ビジネスしていること

なんのために、BECに入ったのか?
それをすっかり忘れてしまっていました。

このままでは、半年後、絶対私はBECオンラインスクールで学んでいる方より、
伸びないし、成長できないと感じました。

自分自身がこのままでよければ、いいのですが、
そうではなく、もっと成長したいと思ったから、BECオンラインスクールに飛び込んだのです。

三浦孝偉さんのコンテンツに何度も触れ、見慣れてきたおごりでした。

先に学んでいるから、いいのではなく、
後発組でも、できることはあります。

もっと、もっと、貪欲に学び、以前よりビジネスの活動にドライブをかけないと、
ビジネスは大きくならないとも感じています。

やることはたくさんある。
だけど、BECオンラインスクールで学んでいる方も同じ環境であるし、
自分に負けないように、トコトン自分を追い詰める必要があると思いました。

まだ、BECオンラインスクールが始まって4日ですが、
爆弾級のコンテンツで、ビビっているのは私だけでしょうか。

アウトプットを三浦孝偉さんに読まれた方はもっとドライブがかかっているとも思いました。

180日間、成長させるために、三浦孝偉さんの熱い指導は始まっている。

それに答えずにどうする!

人より2倍、3倍活動しないと、イメージするなりたい自分には近づけません!

よし!やります!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする