【BEC Online School】簡単?企画力養成ワークショップ

企画力ワークショップの第一部拝見しました!

企画力「0」だと思っている吉井友紀ですが、「企画」というと構えてしまいます。

企画を考える。何を?どんな風に?

そんな風に思ってしまうからです。

企画を考えるには、一体何を伝えるのか?
そして、誰に伝えるのか?

これがアウトプットになり、
アウトプットの前にアウトプットのためのSTORYがあり、

STORYに惹かれているということ。

アウトププットを輝かせるためのSTORY。

そういえば、三浦孝偉さんのメルマガって長いんですが、
スーッと読めてしまう。

セミナーだってそうなんです。

人を楽しませるため、
STORYがあるから、

自分に置き換えて読めることができるのではないかと思います。

そして、STORYを作るために、
広い条件から絞ることで、しっかりとしたメッセージを伝えることができるということ。

商品の魅力を伝えるために、

あれもこれも伝えてしまうと、結局どれが一番の魅力なの?ってなるんです。

また、誰にこの商品を伝えるのか?と考えたときに、
「主婦」という大きな条件があっても、

20代主婦
30代主婦、
40代主婦、

子持ち、子供ナシ

シングルマザーの方もいらっしゃるし、、、

主婦でもいろんな方がいることを考え、伝えることを細かく分析することで、

しっかりと商品を伝えることができると感じました。

同じ方向だけでなく、いろんな角度で見ることで
違った伝え方が広がると思います。

いつも同じような伝え方ばかりでは、伝わらず、、、

「後付けでもいい」

商品を輝かせるために吸い込まれていくSTORYが描けるように

日々BEC Online Schoolで学んでいきます。

□ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■
葛藤しながら、もがきながらビジネスマインドを上げていく主婦のメルマガはこちら!こちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする