【BEC Online School】ホリエモンの伝説のスピーチから学ぶこと

キャラクター設定から、このホリエモンの動画を見よう!と思ってしまいました。

なぜだろう??w

情報発信を毎日することの意味は、

前にというより、いつも三浦孝偉さんに言われたことまんまですが、

ただ毎日発信することではなく、「自分で考える」が付いて発信すること。

いつも、娘に「もっと自分で考えてよー」って言ってますが、

私自身もまだまだ「考え」がなかったのです。

今まで、

「女性は結婚したら家庭に入り子育てして家を守る」という

主婦はこうあるべきだ!という夫の考えの元、

そのレールの上を走ってきました。

主婦、妻、母として周りにいい顔をしながら。

レールの上では、楽しいこともあったし、生活に困ることもなかったからです。

今生活できることが当たり前で私自身も家族や周りに感謝がなかったし、

危機意識もなかったですが、

私が家の中にいても、褒められることもなく、

感謝もない。

家政婦のようになっている自分を惨めに思っていました。

なんて、ふざけた野郎だ!と今思うと恥ずかしいですが、

「私って、このまま人生終わっていくのかな」

漠然とした不安のような、寂しいような気持ちだったことを今でも覚えています。

そして、自分を見失い、自信もなくしていました。

それを気づかせてくれたのが、BECであり、三浦孝偉さんでした。

「今のままでいいのか?」

「家族より、自分は?」

主婦って、家族が優先になっちゃうんですよね、自分は後回しで。

組織の中で生きていくことや、

自分を殺して生きていくことが昔は美学だったのかもしれないですが、

今の時代は、違うということ。

一人の人間として、

主婦の目線から、Businessをして考え、自分なりの判断をし、

それを情報発信することで、自分の成長にもつながると感じました。

三浦孝偉さんが情報発信をしていなかったら、

私は繋がることができなかったし、

私自身も情報発信をしていたから、

繋がれたご縁もあります。

情報発信すると、繋がる人が増え、その人たちのために

新しい情報を取りにいったり、ノウハウの開発をしなくてはいけなくなります。

=========
「少しでも背伸びする」

だけど、背伸びで終わらない

「背伸びした自分を超えて行く」
=========

「チャンレジしていくことは必ず上手くいく」と胸を張って言えるように、

情報発信で、私を信じてもらえるような発信をしたいと思います!

□ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■
葛藤しながら、もがきながらビジネスマインドを上げていく主婦のメルマガはこちら!こちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする